あまりの効果に驚愕!ジオスゲニンの素晴らしい効能まとめ

ジオスゲニン 効果

 

ジオスゲニンが含まれている山芋・長芋には、日本でも古くから漢方や民間療法でも用いられてきました。
そのジオスゲニンが、現代社会で取り上げられ、ただの食べ物という枠を超えた活躍をするまでになっています。

 

ここでは、そんなジオスゲニンが注目される驚きの効果や、ジオスゲニンの効果を得るための摂取量、ジオスゲニンを摂取する際の注意点について紹介したいと思います。

驚きのジオスゲニン「DHEAの若返り効果」とは!?

ジオスゲニン 効果

 

山芋由来の成分・ジオスゲニンが脚光を浴びる理由の中で、もっとも大きな要因は「DHEAホルモンと似た構造を持っている」点にあります。
DHEA(デヒドロエピアンドロステロン) とは、男性ホルモン・テストステロンや女性ホルモン・エストロゲンを作る材料としての役割が有名です。
しかし、DHEAの効果はホルモンの材料になることに付随して、生活習慣病の予防、インスリンの働きを助ける、アルツハイマー予防、ストレス緩和、筋力の維持、美肌効果など、さまざまな効果がみられると研究で判明しています。
そのため、DHEAは別名「若返りホルモン」と呼ばれ、健康食品やサプリメントでも良く使用されているのです。

 

DHEAと構造が酷似したジオスゲニンを摂取すると、摂取するとホルモンバランスを保ち、DHEAの増加が見られたという研究結果もあり、ジオスゲニンはDHEA増加を促進させ、ひいてはDHEAの効果を得るために有効な成分であるとされています。
次に、ジオスゲニンを実際に摂取することで、具体的にどのような効果があるのかを見ていきたいと思います。

認知症の原因物質を減少させる効果(アルツハイマー予防)

ジオスゲニン 効果 認知症 アルツハイマー症候群

 

ジオスゲニンは、認知症患者になると増加するたんぱく質「アミロイドβ」を減少させる効果があります。
動物実験の結果でも、神経細胞を修復し、記憶力の改善効果がある事が分かっています。

 

ヒトに対する実験においても、ジオスゲニンが配合されたサプリメントの摂取により認知機能の向上が認められるなど、確かな成果が出されています。
アルツハイマー症が進行し、蓄積されているアミロイドβも減少させてくれるため、加齢による物忘れ・ボケにも良いとされています。

更年期障害の改善

ジオスゲニンには、女性ホルモンのバランスを整える効果があります。
その恩恵で、ジオスゲニンは更年期障害の改善にも効果的だとされています。

 

運動能力を向上させる効果

ジオスゲニン 効果

 

ジオスゲニンには、男性ホルモン・テストステロンの増加を促す効果があります。
男性ホルモンを活性化させることにより、筋力増強や運動能力を向上させます。
実は、世界のアスリートには山芋を食べていると話す有名選手が数多くいます。
あの有名な陸上選手・ウサインボルトさんも強さの秘訣に「山芋を食べている」とインタビューでコメントを残しているのは印象的です。

アンチエイジング効果

ジオスゲニンは、老化の原因として問題になる活性酸素の働きを抑制させる働きがあります。
メラニン抑制効果もあるため、シミ予防にもなります。

 

また、ジオスゲニンには男性ホルモン・女性ホルモンが不足した時にホルモンを補う働きがあり、運動機能回復にも役立ちます。
その上、先に紹介したアルツハイマー予防などもあることから、ジオスゲニンには「若返りホルモン」と呼ばれています。

冷え性の改善

ジオスゲニンは、男性ホルモン・女性ホルモンの材料となるDHEAの増加を促進させることで、冷え性改善にもつながります。

糖尿病の予防

ジオスゲニン 効果 糖尿病

 

ジオスゲニンの摂取により、高血糖状態を改善させる効果がある事が判明しています。
また、ジオスゲニンには、運動機能の回復、疲労回復効果があるので、内外両方からのアプローチとして糖尿病をはじめとした生活習慣病の予防につながります。

がんの予防

山芋が大腸がん予防になるという研究結果がありますが、ジオスゲニン自体にもガン予防に効果がある事が判明しています。

免疫強化

ジオスゲニン 効果

 

ジオスゲニンを摂取することで、免疫細胞のT細胞・B細胞・リンパ球が増えることが分かっています。
T細胞・B細胞・リンパ球が増え免疫力が強化されれば、風邪や感染症の予防になります。

ジオスゲニンの効果を得るための摂取量目安

ジオスゲニン 効果 摂取量目安

 

以上、あげましたように驚くべき効果が認められているジオスゲニン。
ですが、このジオスゲニンの効果を得るためには、一日どれほど体内に取り入れればよいのでしょうか?

 

ジオスゲニンの効果を得るための目安量としては、一日25mg〜50mgと言われています。
この量のジオスゲニンを摂取するために、山芋をどれくらい食べればよいかというと、高級山芋として知られる自然薯でも2キログラムほど食べる必要があります。

 

ちなみに、日本国内でジオスゲニン含有量がもっとも多い品種はトゲドコロ(クーガ芋)です。
トゲドコロであれば、100g当たり28mgほどのジオスゲニンが含まれています。
ただし、トゲドコロは生産量も少ない希少な山芋なので、手軽に入手できない食材です。

 

ジオスゲニンの効果を食品で摂りたい時の注意点

ジオスゲニン 注意

 

実は、ジオスゲニンは体内で吸収されにくい栄養素です。
そのため、ただでさえ大量に食べなければ十分なジオスゲニンが摂取できない食品で補おうとするのは、現実的ではありません。

 

ただ、ジオスゲニンが吸収されにくく、食品での摂取が難しい特徴は十分知れ渡っています。
そこで、現在はサプリメントで、必要十分な量のジオスゲニンを簡単に摂取できるようになっています。

ジオスゲニンの効果を得るためにおすすめのサプリメントはどれ?

ジオスゲニン 効果 サプリメント

 

ジオスゲニンが配合されているサプリメントはたくさんありますが、特にジオスゲニンの効果を期待している人向けのサプリになると数が限られます。
その中でも厳選して人気があり、成分も申し分ないサプリメントを当サイトはランキング形式で紹介しています。
(ジオスゲニンサプリメント人気ランキングはコチラをクリック)

 

「認知症・アルツハイマー対策」「アンチエイジング」「毎日イキイキ暮らすため」
あなたも目的を達成するために最適のジオスゲニンサプリメントが見つかれば幸いです。

トップへ戻る